ARTE TOKYO

シェアする

ARTE-TOKYO 京都の特定非営利活動法人「ARTE MANDOLINISTICA」の関東在住メンバーが中心となり、音楽監督井上泰信の下、2010年冬に結成。2011年6月に第一生命ホールにて結成公演を開催。以降、6月の定期公演と1月のNEW YEAR CONCERTを活動の軸とする。

 2012年8月、全国のマンドリン合奏団の演奏レベルの向上と合奏団同士の交流の機会を設けることを目的に、昭和女子大学人見記念講堂にて「全日本マンドリン合奏コンクール」を開催。2015年10月、従来の「大阪国際マンドリンフェスティバル&コンクール」の名称を変更し、東京にて第10回目となる「ARTE国際マンドリンフェスティバル&コンクール」を開催。2016年1月に静岡・静岡音楽館AOIにて当団初となる単独地方公演を開催した。

 これまで歌手の米良美一氏、ノコギリ奏者・作曲家のサキタハヂメ氏、ギタリストの藤井敬吾氏や大萩康司氏、コントラバス奏者の齋藤順氏と共演する等、様々なジャンルの演奏家とも積極的に演奏活動を行っている。